500円!親子で遊べる♪Lego感覚のOsmoキッズプログラミング

楽しく遊びながら、プログラミング思考を学ぼう!

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    3
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

<どんなことが学べるの?>
「Osmo Coding」を利用し、レゴブロックを組み立てるような感覚で、プログラミング思考を学べます。

https://www.youtube.com/watch?v=IgG-Fe2Ielc

<Osmo Codingって何?>
Osmoは、世界42カ国で、15,000以上の学校で利用されている学習ツールです。
「Osmo Coding」は、そのOsmoシリーズのプログラミング学習に特化したツールです。

<Osmo Codingの特徴は?>
「Osmo Coding」では、iPad上にいるオービー(Awbie)君というキャラクターを
ブロックを組み合わせて、動かします。愛くるしいオービー(Awbie)君を動かすために、順序立てて、ブロックをつなぎ合わせなければいけないため、無意識のうちに論理思考が鍛えられます。

Osmo公式サイト(英語)
https://www.playosmo.com/en/coding/

<対象年齢>
5〜12歳のお子さんであれば、楽しく遊べます。

<持ち物>
こちらで、学習ツールは用意いたしますので、必要ありません。
ただし、使い慣れたiPadの方が、学習しやすいと思いますので、
そのときは、ご持参いただいても、構いません。

<定員>
基本1組。参加人数は予約1人あたり親子1組と見なします。2人以上のお子さんをお連れになる方は申込の際にご連絡ください

また、用意できる環境が1台しかないため、
2人以上のお子さんをお連れになる場合は、1台の環境をシェアして、
楽しんでいただくことになります。予めご了承ください。

<プログラミング学習のメリット>
近年増えてます!プログラミングを我が子に習わせるメリット,

知っていますか?2020年に小学校でプログラミングを必修化すると政府が発表しました。
なぜそれを小学校で学ばなければならないのでしょうか?
これにはもはや我々はITなしでは生きられない世界に住んでいる、ということが大きく影響しています。

周りを見れば様々なデジタル機器があり、誰しも小さい頃から触れています。
なのでプログラムを学ぶことによってそれらの構造を知るというのは、教育として大切な事なのです。

また、IT技術者が不足しており、これから先どんどん需要が増えるだろうという予測からも必要性が出てきます。
それからこれは日本だけではなくて、海外でも同じく教育で必修化させた方がいいという流れがあり、
アメリカのオバマ大統領も以前から発言しています。

実は、近年、わが子にプログラミングを習い事として学ばせる人が増えています。
http://dime.jp/genre/278488/1/

それは、プログラミングの学習は、社会に出てからも無駄にならないからです。
もちろん、それを学んだからといってプログラマーになる必要はありません。

しかし、プログラミングの学習は、他の職に就いても役に立ちます。
それは、論理思考が鍛えられるということが大きな理由です。
プログラミングには、バグがつきものです。
バグを試行錯誤しながら、修正していくことで
自然と論理思考が強化されていくのです。

でも、英語もまだ習っていない小学生にいきなりコードを書けと言っても難しいですよね。
近年では子供を教育するためのソフトが揃っておりゲーム感覚で学べるものもあります。

それらのソフトの1つにiPadで学べる「Osmo Coding」という学習ツールがあります。
Osmoというのは遊びながら学べる学習ツールのことで世界42カ国で1500以上の学校で使われています。
「Osmo Coding」というのはOsmoシリーズの中でもプログラミング教育に特化したツールです。

また、プログラムを書くことをコーディングというからCodingという名前です。
「Osomo Coding」がどのようなソフトかというと、キャラクターを操作するのですが動きの命令を組みわせて操作します。
これが順序良くつなぎ合わせないといけないため、論理思考が鍛えられるという訳です。

この命令ブロックは画面内ではなく、実際に触れる事が出来る物になっており、それをiPadの内蔵カメラで認識するという仕組みになっています。
これがポイントで画面をタッチするのとは全然違った経験ができます。

このように「Osomo Coding」で学習する事は社会に出てからも無駄にならず、鍛えられた論理思考も役に立ちます。
また、いきなり英語で書くわけではないのでお子さんも熱心に取り組むことができます。

この講座の先生

瀧内 健大

ITの『わからない』を『わかった』にするサポーター

こんにちは、現役プログラマーの瀧内です。

受託案件や独自サービスの仕事と並行して、
おてごろな価格で気軽に通える60〜90分の
マンツーマンレッスンをカフェで定期開催しています。

レッスンの雰囲気については、みなさんから嬉しいご感...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数192

教えた人数227

当日の流れとタイムスケジュール

<所要時間>
40分程度

<当日のレッスンの流れ>
10分 Osmo Codingの説明
25分 Osmo Codingで遊ぶ
 5分 質疑応答

受講料の説明

受講料には、レッスン代、材料費、場所代が含まれます。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:大阪府内

    受講料:¥ 500

この講座の関連ツイート

瀧内 健大 さんの他の講座

Page Top