阿波おどり教室

阿波おどりをやってみたい方、阿波おどりの基礎からお教えします!

learn

こんなことを学びます

【阿波おどりについて】
阿波おどりは、江戸時代から庶民に踊られてきた徳島の盆踊りです。
その盆踊りが長い年月をかけて進化し、変貌を遂げました。
もはや阿波おどりはスポーツそのものです。阿波おどり= AWA DANCE です。
「男性は豪快にカッコ良く!女性は優雅に美しく!」が阿波おどりの特徴です。
そして和楽器の生演奏(鳴り物)に合わせて、踊りながら行進する団体のことを「連」といいます。

実は、東京は本場・徳島に次いで阿波おどりが最も盛んな県です。
毎年夏になると、都内の各所で盛大に阿波おどりが開催され、都内外の多くの連が出場し、大勢の見物客が訪れます。
中でも有名なのが、昭和32年(1957年)からスタートした、東京で最も古い「高円寺阿波おどり」です。
高円寺阿波おどりは毎年8月の第3土日に開催されますが、その2日間になんと延べ100万人以上の見物客が訪れます。
東京で行われる最大のイベントといっても過言ではないでしょう。
それだけ人々を熱狂させる阿波おどりを、当教室は基礎からお教えしています。
あなたも「踊る阿呆」になって、私たちと一緒に阿波おどりを楽しみませんか!


【阿波おどりで体質改善!ダイエットにも!】
阿波おどりはつま先立ちで踊ります。
つま先立ちで踊るということは、ふくらはぎが自然と鍛えられます。
実は、このふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれるくらい、人間の体の中で重要な役目をしている部位なのです。
血液は心臓のポンプの働きによって、体全体に必要な栄養や酸素を運びます。
そして二酸化炭素と老廃物を受け取った血液は、静脈を通って再び心臓へと戻り、浄化されます。
このときに重要な働きをしているのが、実はふくらはぎの筋肉なのです。
ふくらはぎの筋肉は、老廃物を受け取って再び心臓に戻ろうとする汚れた血液を、停滞することなくスムーズに上へ押し上げる役目をするのです。
つまり、ふくらはぎの筋肉が最大限に鍛えられる運動 = 阿波おどりをやっていれば、自然と血液の循環が良くなり、おのずと体質改善されるのです。


【NHK「ためしてガッテン」で紹介されたスロージョギングと同じ効果が阿波おどりで得られます!】
スロージョギングとは、かかとを上げてつま先立ちし、歩幅を狭くして歩く程度の速度でジョギングするという運動です。
つま先立ちすることでふくらはぎが鍛えられ、血液のポンプ機能がアップし、さらに血管を柔らかく・しなやかに保つことができます。
つまり、スロージョギングをすることによって体質改善され、体が若返るのです。(アンチエイジング効果)
老若男女問わず誰にでも気軽にできる運動法としてNHKで紹介され、大反響を呼びました。

阿波おどりの基本は前傾姿勢です。かかとを上げてお尻を落としてつま先立ちします。
そして2拍子のリズムに合わせて足を跳ね上げます。これがステップです。
そして手を高く上げ、右手右足・左手左足と交互に前へ出しながら軽快に踊ります。
あなたも当教室で阿波おどりを習得し、美しく・カッコ良く踊れるようになってください。


講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

過去に開催した日程一覧

teacher

この講座の先生

若見 幸太朗

南粋連 連長

•大阪生まれ・大阪育ち・東京在住
•阿波踊りの鳴り物でガンガンに打ち鳴らす大太鼓を見て感動し、和太鼓を始める
•日本の郷土芸能の太鼓である「八丈太鼓」「三宅太鼓」「秩父屋台囃子」をこよなく愛し、探求する打ち手
•2009年暮れ、町田初の阿波踊りグループ「南粋連」を... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    日程:毎週土日
    場所:町田第一中学校・体育館
    時間:19:00~20:50
    ※阿波おどりシーズンの7~10月は休みです。
  • こんな方を対象としています

    ・阿波おどりを始めてみたい方
    ・人に見られるのが好きな方
    ・お祭り好きな方
    ・体を動かしたい方
    ・ダイエットをお考えの方
  • 受講料の説明

    月1,000円
    ※毎週来られても構いませんし、自分の都合の良い日のみ来られても構いません。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    男女初心者大歓迎!
    踊れる自信がある方は年齢不問(中学生以上)