【基礎】3時間でローカル開発環境構築!Ruby on Rails編

Cloud9に頼らずにローカル開発環境を爆速で構築します。実務でよく使うOSとDBMSの組み合わせに全対応!

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    5
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

**********************************************************
Rails技術者認定試験運営委員会 認定スクール
**********************************************************

稼げるエンジニアになるためにはローカル開発環境は必須です。
Ruby on RailsでWebアプリケーション開発をするためには、MySQLやPostgreSQLを使いこなせる必要があります。

専用の開発環境は、お手持ちのPC内に構築するのが一般的です。簡易的にCloud9等で構築するのは、実務では ”邪道” とみられることが少なくありません。

ローカル開発環境の構築に必要な知識を腹落ちして、最短経路で構築するための場を創ります。

”3時間”でローカル開発環境を構築し、再度自力で構築することができる知識を付与します。

ローカル開発環境は、各最新版をインストールして構築します。

OS
Linux(CentOS、Ubuntu)

言語
Ruby 2.3.0

フレームワーク
Ruby on Rails 5.0.0

DBMS
(MySQL、PostgreSQL 9.4)


★講義資料
http://www.slideshare.net/norotime/dive-into-code3ruby-on-rails


★参加特典
・facebookグループでの「無料オンライン学習サポート」


★事前準備(できるだけお済ませになってお越しください)
【STEP0】Linux OSの用意



★「DIVE INTO CODE」とは
実務で稼げるエンジニアになるためのプログラミング・スクールです。

公式Webページ
http://diveintocode.jp/

公式facebookページ
https://www.facebook.com/diveintocode.jp/photos

この講座の先生

野呂 浩良

”ゼロからのプログラミング”のマスター

MBAエンジニア講師。リクルートやワークスアプリケーションズなど異業種・異職種への転職を4度経験。あらゆる時間を計測し、未経験の職務でゼロから短期間に成果をあげる独自の生産性向上手法を確立。ワークスアプリケーションズの特待生制度「問題解決能力発掘プログラム」の突破経験と1年間の独立起業過程でエ...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数195

教えた人数1097

当日の流れとタイムスケジュール

Introduction
 自己紹介
 開発環境を構成する要素と技術

WorkShop
 【STEP0】Linux OS(CentOS、Ubuntu)の用意

 【STEP1】Gitのインストール

 【STEP2】Ruby2.3, Ruby on Rails5.0のインストール

 【STEP3】DBMS(MySQL、PostgreSQL9.4)のインストール

FollowUp
 学習のすすめ方

こんな方を対象としています

・開発環境としてCloud9を使用している

・ローカル開発環境を過去に構築したことがあるが、何をやったのかよく理解できていない

・開発環境の構築に必要な知識を体系立てて最短経路で理解したい

受講料の説明

・Windows端末の方は、セミナー参加当日までに事前準備を必ず行ってください。

受講する際は以下をお読み下さい

Windows端末のみをお持ちの方は、必ず事前準備を完了させてからお越しください。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:渋谷・恵比寿

    受講料:¥ 3,000

この講座の関連ツイート

野呂 浩良 さんの他の講座

Page Top