写真の感想力を鍛える水曜夜

誰かの作品を見た時、「いいですね!」「キレイ!」とかそういうこと以上にもうちょっと気の利いたことが言えるようになるための講座です、

learn

こんなことを学びます

 【2015年のPHaT PHOTO写真教室文化祭で好評を得た「作品感想テクニック」のテーマを一般に向けて実施します!】

誰かの作品を単に「キレイですね!」とか「かっこいいですね!」以上に、本当はもっと感じていることがあるのに上手く表現できない……

本人目の前にしたらなおさら気まずい・・
そんなモヤモヤな思考を整理して伝えるためのロジックがあります。

とはいえ、そんなかしこまったものでもありません。
お酒でも片手に軽く酔ってるくらいが、ちょうど良い。
でも、居酒屋トークよりは少しまじめに。

なによりも、そんな「感想力」の幅を拡げることは、
自分の作品制作の拡がりにも大いに貢献します。

※この会は原則として作品に対して”講評”するものではありません。
あくまで”勝手に深読みして、できるだけイイカンジに感想を述べる”ことを学び実践します。

■レクチャー内容
・「三角形ロジック」を使った作品の読み取り方の解説。
・ひらめくためのヒント
・持ち寄った作品を使って実践:参加者みんなでクロストーク

■こんな人におススメ!
◯作品について意見や感想を求められた時に言葉に困る人
◯グループ展などに行ったら、うっかり作家本人がいたりして感想を求められて言葉に困る人。
◯とにもかくにも、もうちょっと気の利いたことが言えないものかと思っている人

&& 作品持ち寄って実践もしますので、提出者にとっては
◯自分の作品において、違った角度からの意見がもらえるでしょう
◯あと、褒められて伸びるタイプの人には最適です

○持ち物:A4以上にプリントした作品をお持ちください。
[+]許可を得ていればご自身の作品でもなくても構いません。
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格

¥1,500

受けたい
4人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

デザイナーでもあるフォトグラファー・写真教室講師

1981年愛知県生まれ。フォトグラファー/写真教室講師/映像制作/グラフィックデザイナー/ライターなど。

小学生の頃4年アメリカ:ヴァージニア州現地校にいたりしつつ、都立豊多摩高(谷川俊太郎や宮﨑駿と同じらしい)・尚美学園大学芸術情報学部 情報表現学科(1期生!)卒業のち、芸能プロダクション付制作会社や教材映像制作の会社を経て、フリーランスに。現在、フォトグラファーとして活動しながら、現在PHaT PHOTO写真教室にて専属講師。また、80人ほどを集めるグループ展PhotoNicoの主催や、海外での日本人展の企画(2017年もフランス・パリで開催)など展開中。

東京京橋にあるTOKYO INSTITUTE OF PHOTOGRAPHY(T.I.P)のマネージャーとして事務局運営中でもある。
その他クリエイティブに特化した転職支援や和田裕美式・陽転思考エデュケーターなど多方面に渡り活動中。

http://shunichihonda.blog.jp
https://valu.is/shunichihonda + 続きを読む

detail

講座詳細

  • こんな方を対象としています

    写真教室などに通ってたり、誰かの作品に触れることが多い方(個展やグループ展に行って作家さんに話すことがあるなど)
    ※写真意外でも絵画・イラスト・など他ジャンルのアートでも歓迎します。
  • 受講料の説明

    ワンドリンクつけます。持ち込み・シェア歓迎。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ご自身の作品があれば一枚お持ちください。
    サイズ感はA4程度以上。
    ※許可を得ていればご自身の作品でなくても大丈夫です。

more

この先生の他の講座

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も見ています