キャラだけで売れる!メルマガの書き方講座

リピート率が低い… メルマガの反応がイマイチ…とお悩みの経営者の方へ

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    1
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

“ファンが多いサイト”と“そうでないサイト”
一体何が違うのか?

「毎週オレコンのメルマガを読むことから1週間がスタートします」

「ヤマタクさんですよね!いつもメルマガ読んでます」

「もしかして、ヤマタクさんですか?」

「こんなところで会えるなんて!」

こんな声を頻繁にいただき、直接「ファンなんです」と言ってくれる人も少なくありません。
しかし、よくよく聞くと、メルマガやブログが毎回面白くて笑ってしまうとのこと。
もちろん、それだけではなく、売上やビジネスの成長にも大きく貢献しています。なぜか?

顧客との接触回数はそのまま、売上につながるからです。

事実、オレコンのクライアント企業が急激に伸びたのも、全ては「顧客への教育をし、その結果、信頼関係をより強くしていったこと」が大きいです。

接点の多さ=売上アップ

つまり、多くのコミュニケーションが信頼関係を築くことになったのです。
逆にリピート購入に繋がらない一番の原因は「顧客があなたのことを忘れているから」

顧客を教育する=ブランドを作る

あなたもご存知の通り、売上と利益に大きなインパクトをもたらすのは「リピート購入」です。
リピート購入がなければ、顧客獲得コストを吸収しきれず、赤字になってしまう場合も。
そのためにも、既存顧客に対してのメルマガは大きな力を発揮します。が、、、
ただ何度もメールを送ればいいというわけではありません。
ひたすら売り込みメールばかりを送ると顧客からの信頼を、失います。

効果的にフォローする方法

そこで、一度買ってくれたお客様にメールなどでフォローしていきます。例えば、、、

thank youメッセージ:感謝を伝えます
商品確認メッセージ:一番クレームにつながる商品の過不足や到着を確認するメールです
他の方の喜びの声:あなたの買い物は間違っていないと伝えるモノ
感想くださいメッセージ:使用感やレビューを獲得するメール
アップセル・メッセージ:該当商品の上位版または、関連商品を販売するメール
このように21日間(3週間)に最低5回以上は接点を持つ。
すると、さらに安心感や信頼感を感じてもらえリピート購入につながるのです。

この講座の先生

山本 琢磨
WEB

山本 琢磨

マーケティングコンサルタント

日本最大級のブランド洋食器販売ECサイトを構築・運営、日経BPベスショップで常に上位3位以内に入賞させる。

日本最大級のレディース・インナー商材の販売サイトのリニューアルと運営を手がけ、1年で年商1億2000万円を年商3億円と2倍以上にする。楽店ショップオブザイヤーを受賞...

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数0

教えた人数0

こんな方を対象としています

「本当にメルマガなんて書いて効果あるの?こんなことに毎日1時間以上使うなんて、時間の無駄じゃないの?」

「頭をしぼって毎日メルマガを書いてるのに、売上どころか顧客から反応もない。」

「そもそもホントにメール届いているの?」

「ネタがない。あっても商品の紹介や売込みばっかり。自分なら嫌だなぁと思ってしまうメールを送ってる。」

「お客様を喜ばせても、売上につながらない、なんだかコストだけかかって損しているような気がする。」

上記のような悩みを持つ経営者の方を対象としています。

受講料の説明

受講料の他は一切かかりません。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:東京都内

    受講料:¥ 39,800

この講座の関連ツイート

山本 琢磨 さんの他の講座

Page Top