「適切な課題設定」入門 

「視点変更」と「納得」を重視した「協創対話」アプローチに基づいて

learn

こんなことを学びます

「同じひとつの出来事」に対してであっても、関係する人々や関心のある事柄などによって、「出来事の解釈」は異なります。

そして、「何を『問題』と見なすか?」という「出来事の解釈」に従って、「採用する解決策」すなわち「取り組む『課題』」が異なってきます。 (何を『目的』とするかによって、取り組む『課題』や『手段』が変わります。)

ところが私たちは、特定の考え方に慣れ親しむあまり、知らず知らずのうちに「視野が狭く」なっていることや、「さまざまな解釈がありうる」ことを忘れてしまいがちなものです。

そして、「相手の真意」や「問題の構造」などといった『本質』を確認せずに、「自分なりに良かれと思う(問題『症状』を解消する)行動」に突っ走ってしまうことが少なくありません。

「『ひとつの専門分野』&『同じ価値観』の中だけに留まって」目的を達成したり、問題を解決したりするのと異なり、『複数分野の知識や技術が結集』しないと望む結果が得られないことが増えているという状況を踏まえると、今後、「適切な『課題設定』ができること」の重要性が増していくことは確実です。

あなたは、下記のような形で、「対話という協働を通して、多角的に確認を進めながら、適切な課題を設定する」のに慣れていらっしゃるでしょうか?
----------------------------------------------------------------------
●お客様からの『要望・期待』や、上司からの『指示・命令』の『本質』は何かを丁寧に確認する

● 相手との関係をより望ましいものにしつつ、『要望・期待』や『指示・命令』の背景にある『目的・意図』を踏まえ、本当に取り組むと効果的な事柄(課題)は何かについて、意識を揃える
----------------------------------------------------------------------
など

本セミナーでは、「"適切な"課題設定」の「入門篇」として、「『協創対話』(※1)というアプローチの概要解説と演習」を行います。

━━━━━━━━━━━━━━━
予定内容
━━━━━━━━━━━━━━━
● 「問題」と「課題」をどう区別すると、どんな良いことがあるのか?

●人財配置には「タイプ分け」が良くても、人財育成には「タイプ分け」は不適とはどういうことか?「パターン認識」とは何か?

● 「メモを取らない」のは、どういう相手に適していて、「メモや図解の多用」が効果的なのは、どういう場合なのか? その理由は?

●「現実を直視する」だけの「自我の強さ」を持てていない人には、「クリティカル・シンキング(※2)を活かした対話」は不適とはどういうことか?

●「複眼的・重層的な振り返り」とは、具体的にどうやっているのか?(※3)

-------------------------------------------------------------------
※1 協創対話(Co-Creative Dialogue)
対話(dialogue)とは、「話の内容のみならず、関係者の思考プロセスや感情に意識を払い、特定の立場や手段に固執せず、率直な意見交換を行うことによって、目的を達成しようとするコミュニケーションの方法」であると弊社では定義しています。 そして、関係者との間で、「真実」「解決策」「新たな可能性」を探求するための、関係者との「粘り強い対話」のことを、弊社では「協創対話」と表現しています。

※2 クリティカル・シンキング(Critical Thinking)とは、「厳密かつ建設的な思考」、「シビアかつポジティブな考え方」のことを指しています。 「わかったつもりにならず、素朴な疑問を大切にする」という考え方であり、「イノベーション」(Innovation:創新普及)を興すためにも重視されています。

※3「ミニ演習」を通して、「複眼的・重層的な振り返り」を体験していただこうと思っています。
「協創対話」では、「視点変更」「柔軟な発想の促進」も重視しているため、「さまざまな視点からの多角的な検討」や「重層的な学びの深化」は非常に有効であると考えています。←例えば、数学の問題を上滑りで解き散らかして、問題集を先に進める<だけ>では、数学の実力は上がりません。 「分析的・複眼的・重層的な振り返り」というのは、新しい内容を学ぶ段階で、1つ1つの問題に対して別解を探求し、問題を深く理解する経験を通して、自分で考える力をつけること・洞察力を高めること・基礎を体得し応用問題に対処できるようにすることを重視するアプローチに対応していると捉えていただくのがよいと思います。

organizer

この講座の主催団体

この講座の先生

高野 潤一郎

人財育成コンサルタント、エグゼクティブ・コーチ

人財育成・組織開発コンサルタント、エグゼクティブ・コーチ、フレームワーク質問力(R)トレーナーとして、主に、

●『戦略を実行できる/イノベーションを興す人財・組織』への変革を支援するコンサルティング(相互啓発する組織体質への改善、社員の経営参画意識向上ほか)

●『経営幹部やライン・マネジャー向け』のコーチング

●『フレームワーク質問力(R)』を基盤とした、各種企業研修

●民間企業・非営利組織・博士号取得・政府・起業の経験を活かした、個人向けキャリア・デザイン・サポート

を提供しています。

強みとしては、特に、『実用を目指した知識の体系化』(実際に使えるように知識を体系化し、わかりやすく、丁寧な説明が行える)と『柔軟性』(多様なニーズを持つ受講生に対応できるよう、臨機応変に内容や伝え方を変えることができる)を挙げていただくことが多いです。

業界にかかわらず、フォーチュン・グローバル500企業から、従業員数十人規模の中小企業まで、人財育成・組織開発コンサルタント、エグゼクティブ・コーチ、研修講師として関わらせていただいた経験を基に、実践的なご相談に応じることが可能です。

Thumb 3e55355d fff8 4ad6 b94e affa9dd1748f

この講座の主催団体

合同会社5W1H

detail

講座詳細

  • こんな方を対象としています

    ● 『協創対話』に興味をお持ちの方

    ● 企業研修への『協創対話』導入を検討されている会社の方

    ● 個人でコーチングを学ぼうとされている方

    ● 既にコーチングを活用されていて、「もう少し精密に聴き、一歩踏み込んで尋ねる」アプローチを知りたい方

    ● コーチングについて、ほとんど知らないけれど興味をお持ちの方

    など、どなたでもご参加いただけますし、適宜、質問をお受けいたします。