美しい浴衣の着方をトータルで学ぶ講座

浴衣の着方はもちろん、歴史、お手入れ方法、所作などもレッスンします。

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
お話…浴衣の歴史や浴衣に関するアドバイス
実技…苦しくなく、着崩れない楽々浴衣の着方
   美しい形をずーっとキープ、帯結びのコツ
   浴衣姿が美しく映える所作レッスン
   ベストショットの撮られ方♪


<こんなことが出来るようになります>
浴衣は、暑い、苦しい、着崩れちゃう!と思っていませんか?
すべては着方。コツがあるのです。それは、着付けだけにとどまりません。どんなにキッチリ浴衣を着ても、所作がめちゃくちゃだと着崩れますよ。美しい所作は着崩れを防ぎます。
この講座では、「浴衣を着付ける」の一歩先の「浴衣を着こなす」事を目指します。また、万一着崩れてしまっても、中の構造がわかっているとお直しも簡単にできますよ。

<こんな風に教えます>
お一人お一人、丁寧にご指導します。
帯結びはご希望を伺い、その方にあった帯結びをご提案。
こちら↓が、以前開催した時の様子です。
http://takahashi-kimono.jp/news/school/news20160705/

<持ち物>
浴衣、半幅帯、タオル2本、腰紐3本、浴衣用肌着。(お持ちの方は帯板、伊達締め。浴衣でお帰りの方は下駄)
※浴衣、半幅帯は、お持ちでない方にはお貸しします(無料)ので、事前にお知らせください。

<定員>
基本3名(要望に応じて変わります。最大5名)
中学生からご参加いただけます。夏休みの自由研究にもご活用ください。

<設定日について>
設定日の他にご希望の日程がありましたら「先生に問い合わせる」から、お気軽にご相談ください。お待ちしています。

<その他>
ご自宅での個人レッスンをご希望の場合は、3.500円になります。
また、別途実費交通費を頂戴いたします。
遠方など、お伺いする場所によりましては別途出張料を頂戴する場合がございますので、事前にご相談ください。
「先生に問い合わせる」から、お気軽にご相談ください。お待ちしています。
14人が受けたい追加しています

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:相模原・大和

    受講料:¥ 2,500

過去に開催した日程一覧

  • 2017/6/29 (木) 12:00PM-

    JR横浜線 古淵駅 徒歩16分

      住所:講師の要望により予約者のみに開示

    この日程の参加者:

    1 / 4

高橋 美登里 さんの他の講座

teacher

この講座の先生

高橋 美登里

きもの着付け講師、礼法講師、組紐クリエイター

1987年に「装道礼法きもの学院」を卒業し、きもの教室を開設しました。着付けの技術や知識だけではなく、美しい所作も取り入れたお稽古をしています。単発講座のほか、自宅教室や出張教室、企業研修、学校講習会の開催や、撮影の着付けのお仕事もさせていただいています。

2011年から... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    <所要時間>
    120分程度

    <当日のレッスンの流れ>
    15分 浴衣の歴史。
       浴衣でのヘアスタイル、メイク、下着等のアドバイス
       浴衣着用後のお手入れの仕方。
    35分 浴衣の着方
    35分 帯の結び方
    10分 浴衣での美しい所作
    15分 浴衣での美しい写真の撮られ方(実際にスマホで撮ってみよう!)
    10分 浴衣の畳み方、片付け
  • こんな方を対象としています

    小学生高学年から参加できます。
    夏休みにお子様とご一緒にいかがですか?
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    参加者全員に、可愛いお手製貝の根付けをプレゼント♪
    お味噌汁の匂いがするかも〜!?

review

レビュー

  • 女性 40代

    この講座は「浴衣の着付けから、着こなし、所作まで学べる講座」でした

    和やかな雰囲気の中、盛りだくさんな内容を丁寧に教えていただき、とても楽しかったです。

    着物は全くの初心者で、ネットの動画や写真を見ては浴衣を着るのですが、細かいところまではよくわからないし、荷造りのように縛ってしまい、結局着崩れてくる… そんな悩みが、先生の論理的な教えですべて解決しました。

    早速、家に帰って1人で着てみましたが、うまくいきました!

    最初にトルソーに着付けながらコツを教えてくださるので、後で自分で着る時に理解しやすかったです。
    帯の結び方も、いくつか写真を見せていただき、その中から選ぶことができます。迷う私に、その着物の雰囲気に似合うのはこれとこれかしら… とアドバイスを下さったり、小柄な体格に合わせる着方、帯と着物のバランスでスタイルをよりよく見せる方法、おしゃれな小物の使い方まで教えていただきました。
    ただ着るのではなく「着こなす」ということ、奥が深い装道の入口を垣間見せていただいたような気がします。

    何より、先生の美しい着物姿や優雅な所作、ユーモアを交えた知的なお話しぶりは、女性として憧れます。
    教えていただいたことを忘れないように、たくさん着たいと思います。