1975年(昭和50年)の食事が日本人を救う、スーパー和食とは

”TV放映多数” 話題の「スーパー和食」をこの機会に知ってください

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    2
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

現代日本の食生活は、様々な形式で提供され、便利、簡単、美味しく、私たちのお腹を満足させてくれます。しかし、食べ過ぎ、栄養の偏り、化学調味料、添加物などなどの過剰摂取により健康被害が生じているのも事実。平均寿命は世界一でも、生きている間は自分の足で歩いたり、趣味を謳歌したり楽しいく人生を過ごしたいものです。
それには、食べること、食べたものが大切で、私たちの体は食べたものからできていることをしっかりと知り、日常の食生活を意識して過ごすことが将来の健康ライフを手に入れるこつ。
今回のセミナーでは、東北大学准教授の都築 毅先生をお招きし日本人の食をテーマに、自らの研究により健康長寿の食の秘訣をお話ししていただきます。

この講座の先生

都築 毅
WEB

都築 毅

TV出演多数「スーパー和食」

1975年愛知県生まれ
東北大学大学院農学研究科博士後期課程修了。
宮城大学食産業学部助教を経て2008年から現職。
第13回杉田玄白奨励賞、日本農芸化学会奨励賞、日本栄養・食糧学会奨励賞など受賞多数。
専門分野は食品化学、健康科学、予防医学。
著書:「昭和50年の食事で、その腹は引っ込む~なぜ1975年に日本人が家で食べていたものが理想なのか~」
現在の研究
・妊娠・授乳期の母親の栄養状態が子供に与える影響
・老化や老化性疾患を制御する食品開発
・日本食(和食)の健康有益性の解明

Thumb 185011c5 b868 4db2 a201 99ad070e5c42

この講座の主催団体

一般社団法人日本かしこめし協会

詳しいプロフィールを見る >

開催回数0

参加人数0

当日の流れとタイムスケジュール

場所:オフィス東京 東京駅八重洲中央口 5分
   東京都中央区京橋1-6-8 コルマ京橋ビル
   http://www.officetokyo.net/access
銀座線「京橋」6番出口 徒歩3分
   都営浅草線「宝町」A6出口 徒歩3分

   13:00会場 13:30講演開始 15:30終了予定

こんな方を対象としています

食に興味のあるかた、お子様をお持ちの方、生活習慣病の方、未病意識の高い方など、どなたでも気軽にお聞きいただけます。

受講料の説明

当協会会員様は無料講座です。
あと20名です。

受講する際は以下をお読み下さい

当会員の紹介の方は割引制度あり。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

主催団体に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:東京都内

    受講料:¥ 4,000

この講座の関連ツイート

一般社団法人日本かしこめし協会 さんの他の講座

Page Top