【特訓】 できると分かる!社会人のためのやりなおし会計学

簿記・会計は「できる」ようになって初めて「分かる」ようになる学問です。3時間でスパッと学び、苦手克服に終止符を打ちましょう!

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    18
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

<こんなことを学びます>

会計学はその性質上、受動的な学習のみではなかなか学習効果が得られません。
なぜなら、会計学は簿記の考え方を基礎としているからです。
簿記は、「できる」ようになってはじめて「分かる」学問です。
したがって、何度か受動的学習(書籍、レクチャー方式のセミナー等)をトライしてみたけど、意味がわからずすぐに挫折してしまった人も多いのではないでしょうか。

では、なぜ簿記は「できる」ようにならないと「分かる」ようにならないのでしょうか。

例えば、「Uno」や「花札」を思い出してみてください。
これらのカードゲームは、一生懸命説明書を読んでもできるようにはならないですよね。実際に、ゲームを何度も何度もやってみて、間違いを指摘してもらって、少しづつルールを理解でき、それを何度も何度も繰り返すことにより、脳が勝手に反応し「できる」ようになる。ここまで行って初めて「分かった」と言える状態になります。

この点、簿記も同じです。数多くのルールがあります。多数の「勘定科目」があり、それぞれが「貸方科目」「借方科目」の属性を持っています。また、同じ「貸方科目」でも、これは「資産」これは「費用」と、細かくルールが定められています。

これらに対する脳の反応速度を磨かないうちに、説明書(本屋やセミナー)だけを読んでいるから、いつまでもわかったつもりになっており、会計への苦手意識が消えないのです。

本講座では、集中的な演習を通して、3時間で簿記を「できる」レベルにまで引き上げます。ただ解くだけではありません。忘却曲線を意識し、3時間の中で効率的に脳に定着するよう計画的に演習に取り組みます。


<こんなことが出来るようになります>
複式簿記がわかれば決算書が読めるようになります。
決算書が読めると企業の実態・業績を構造的に捉えることができるようになります。

<こんな風に教えます>
演習を中心とした特訓がメインです。

<持ち物>
筆記用具、電卓

<定員>
基本 4名
(要望と開催スペースに応じて変わります)

この講座の先生

matsubara taiki

matsubara taiki

公認会計士×税理士×ゴルフ

公認会計士・税理士
ベンチャー企業CFO、大手監査法人コンサルティング部門を経て、現在は個人事務所にて会計・税務コンサルティングに従事。相続案件多数関与。
高校・大学はゴルフ部に所属しプロゴルファーを目指すも腰痛を患い断念。。。ベストスコアは69。

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数1

教えた人数4

こんな方を対象としています

・同期に差をつけたい営業、企画、マーケティング、人事、総務の方
・学校で簿記を習ったけどまったく意味がわからなかった方
・会計を勉強するために本を読んだりしているけど、いまいちしっくりこない方

受講料の説明

受講料、場所代、教材費

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:東京都内

    受講料:¥ 1,500

この講座の関連ツイート

matsubara taiki さんの他の講座

Page Top