東の麺と西のパスタ

麺とパスタをちょっとアカデミックに見てみましょう

learn

こんなことを学びます

 東洋ではこれだけ豊富な麺料理があるのに、中東以西ではイタリアのパスタしかないのは世界の長年の疑問です。
そもそも中国では「麺」は小麦粉のことで、英語でいえばDoughに相当し、必ずしも線状のものだけではないそうです。
最初の写真はミラノのドウモの裏手のオープンテラスの店で注文したピッツァやスパゲティです。
成功したイタリア人の夢のひとつが自分のオリジナルパスタをつくることだと聞いたことがあります。
2枚目の写真は著名なカーデザイナー、ジウジアロ氏のオリジナルパスタとその設計図?で、有名なものです。
3枚目は「マウルタッシェン」という南ドイツの郷土料理の水餃子です。
実は南ドイツもオリジナル麺料理で有名な土地なのです。
こんな「へー」という知識学び、新メニューや新パスタのアイデアを考えてみます。

teacher

この講座の先生

本上 文士

工業デザイナー&フードコーディネーター

千葉大学工学部工業意匠学科を卒業後、イタリアおよびドイツのデザイン事務所に4年間勤務の後帰国。
都内にて工業デザイン事務所を自営。
傍ら、都内のデザイン専門学校やベルリン芸術大学にて、客員教授・講師を務める。
2000年頃より、以前より興味のあった「食」分野の仕事... もっと見る >>

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    東西の麺料理の話をした後、麺をテーマに新たなメニューやパスタを考えてみる演習をします。
    麺とパスタの知識とアイデア展開の手法の2つが学べるお値打ち講座です。
  • こんな方を対象としています

    食文化、料理に興味のある方。
  • 受講料の説明

    上記以外、お金は不用。
    こちらで用意するレジメ等も含まれています。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    料理をするわけではないので、特に何も必要ではありません。