投資銀行流!エクセル&パワーポイント資料作成(書籍プレゼント!)

見やすい資料の作り方を教えます!講座参加者全員に新刊を進呈します!

learn

こんなことを学びます

普段ExcelやPowerPointで資料を作る機会が多い方。機会は多くなくてももっと効率的に見やすい資料を作りたいと考えたことがある方にぜひ受講頂きたい講座です。

ご参加いただいた方には新刊『外資系投資銀行の資料作成ルール66』(2016年3月発売)を進呈いたします。

ちょっとした工夫1つで、資料の見やすさは大きく変わるんです!
書籍の内容を一部ご紹介いたします。

1. 文字色は、青、黒、緑
2. 見やすいエクセル表は、タテ幅なし&細い線
3. 見やすい資料は「行間」で決まる!
4. 日本語なら縦書きを活用
5. 見やすい折れ線グラフは、「凡例」なし
6. グラフの印象は、目盛線で大きく変わる
7. グレー線で区切ると、文章は見やすい
8. パワポの項目名を青字にしてメリハリを
9. 長い文章は、区切りポイントが大事
10. 黒文字より、グレー文字
11. 意外と使える「横棒グラフ」
12. 資料の表記ブレは、置換で解決

などなど他にも、すぐに使えるエクセル&パワーポイントテクニックを紹介します!

■書籍の紹介

この書籍の内容を、講師がみなさんの前で実演します
(ご参加の皆様には当日進呈します)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4833450895/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4833450895&linkCode=as2&tag=kumanoism­22


■事前ダウンロード

この講座は、みなさんに書籍を読んでいただきながら進めますが、もし一緒にPCを使って進めたいという方は、以下からファイルをダウンロードしてください
https://www.dropbox.com/sh/aj0depq9kqxsdaw/AACMdmhh8CCjGYh-zMHyIZXya?dl=0
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

渋谷・恵比寿

価格(税込)

¥3,980

受けたい
708人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

外資系投資銀行+ビジネスマネージャー=エクセルの鬼

新卒でモルガン・スタンレー投資銀行本部に入社。
顧客企業のM&A、資金調達案件に携わる。
現在は、インターネット企業の事業マネージャー。
投資銀行と事業会社の両方でモデルを作り続けている、エクセルの鬼。

detail

講座詳細

  • 受講料の説明

    会場代、書籍代込みです
    ※すでに書籍をお持ちの方でも講座受講料は変わりませんのでご了承ください

review

レビュー

  • 217

  • 楽しかった!( 58 )

  • 勉強になった!( 161 )

  • 行く価値あり!( 119 )

  • 男性 30代

    この講座は「大変参考になる講座でした。」でした

    細かいプレゼンに使う資料作りを学べました。ぜひ仕事に活かせていこうと思います。

  • 女性 30代

    この講座は「資料作成で抑えるべき手順と技術を学べる講座」でした

    パワポにおける図のキーボード操作はすぐに役立ちそうです。また、エクセルで色々作ってから後でフォーマットを調整していましたが、最初にシート全体にフォーマットをかけ、必要に応じて個別にかける、というのは、効率上げるには必須だと思いました。投資銀行出身とのことで、ちょっと怖い人をイメージしていましたが、そんなことありませんでした。受講生の成長を目指して研修されていると感じられました。

  • 女性 30代

    この講座は「受けて良かった」でした

    エクセルとパワーポイントのコツを同時に教えてくれる講座は他にはない!!

    この講座は会社で必要な要点だけ教えてくれている!!
    早速明日から使える知識ばかり。
    やってみます!

  • 女性 20代

    この講座は「すぐ実践できるためになる講座でした」でした

    普段の業務にてすぐ取り入れたいと思います。

  • 女性 30代

    この講座は「常識を覆す、目から鱗の講座」でした

    すべてにおいてシンプル、効率化!
    いままでごちゃごちゃやっていたことが覆されました。

    展開の早い講座ですが、先生が教えてくれることは
    すべて書籍に書いてあるので問題なし。復習もやりやすい。

    ショートカットキーが肝ですね。
    参加してよかったと思いました。また参加させていただきます。

  • more

    この先生の他の講座

    relation

    関連講座

    watching

    この講座を見た人は、こんな講座も見ています