4回コース

がん患者や認知症の方のご家族に教える 一般向け足もみ上級実践講座

ご家族にがんや認知症の方がおられますか?ご家族の手で「足もみ」をしてあげることで良い報告が多くきています。ぜひあなたの手で!

  • 開催回数

    0
  • 受けた人

    0
  • 受けたい人

    1
  • 感想読む

    0

こんなことを教えます

<こんなことを学びます>
こんにちは。中国足心道療術の本格足もみは、日本の手技法の中で唯一、特許取得しており、リラクゼーションではなくメディカルリフレクソロジーとも言われています。プロの療術師の本格足もみは高度で繊細な技術を要しますが、今回の講座でマスターしていただく【一般向け「足もみ」】は、皆さんがご家庭でお互いに足を揉み合うことに意味があります。ご年配の方から小さなお子様まで年齢に関係なく行える、リラクゼーションのための痛くない「足もみ」です。
そして、がんや認知症のための特別メニューの反射区を実際に効果のある中国足心道療術の揉み方をマスターしていただきます。

<こんなことが出来るようになります>
がん患者さんの病気や治療において不安や恐れはつきものですが、ご家族であるあなたが毎日実際に足を揉んであげることで、まず手の温もりで安心し、血流が良くなることで免疫力を高めていけます。
認知症の方もスキンシップにより安心し、反射区を刺激することで脳や五感を十分に刺激することができますので、認知の度合いに変化が出てきて、お世話するご家族の肉体的及び精神的負担が軽減されていきます。
どちらの場合も、病気の患者さんのためですが、ご家族にも笑顔の絶えないようになっていくのではないでしょうか。

<こんな風に教えます>
2時間を1単位とし4単位で完了する講座です。
1単位目は座学。2~4単位目は実践です。
定員4名までの少人数制ですので、手取り足取り和気あいあいとした雰囲気で学べます。
中国足心道療術学院より「修了証書」がもらえます。

<定員数>
基本 4名
 
週1回を4週、1日2単位を2日間など、ご要望に応じることもできる場合もございます。

この講座の先生

三上 ひろみ

健康を取り戻す&守るなら「足」から

普通のパート主婦時代に体調を崩したことがキッカケで、中国足心道の足揉みの施術を受け、漠然と「予防医学」に興味を持つ。

2012年に中国足心道療術師と健康管理一般指導員の資格を取得。
2013年には中国足心道療術師準師範となり、足心整体ステップ1を受講。

詳しいプロフィールを見る >

教えた回数0

教えた人数0

カリキュラム

  • 第1回 中国足心道療術とは。足の反射区と体の関係など、座学

    座学

  • 第2回 実践1

    実践

  • 第3回 実践2

    実践2

  • 第4回 実践3

    実践3

こんな方を対象としています

ご家族にがん患者さんや認知症の方がおられる方。

受講料の説明

受講料には、場所代やテキスト代が含まれます。
別途費用は掛かりません。

受講する際は以下をお読み下さい

当日の服装は、
動きやすい服装で、ひざまで出せるズボン、裸足になれる靴下。
持ち物は、フェイスタオル2枚。
参加者同士でペアになり、実際に足を揉みます。

感想 0

楽しかった!

( 0 )

勉強になった!

( 0 )

行く価値あり!

( 0 )

講座についてのご質問はコチラ

先生に問い合わせる

開催予定の日程一覧

  • 開催予定

    開催予定エリア:名古屋

    受講料:¥ 47,520( ¥ 11,880 ×4回 )

この講座の関連ツイート

三上 ひろみ さんの他の講座

Page Top