デスクワークの肩こりを最小限にする姿勢の作り方を1日で習得

マッサージ等で治してもまた凝る方が「肩こりしないで仕事する!」そのために必要な姿勢の作り方を2時間半でマスターしていただきます。

learn

こんなことを学びます

肩こりを根本から治すために、姿勢が大事なのは皆様分かっているでしょう。

しかし「姿勢を良くしなきゃ!」では姿勢は良くなりません。
しかも、肩こりを最小限にするためには、肩こりしない姿勢を長時間維持しなければなりません。

その「肩こりを最小限にする姿勢を長時間維持する」ためには、
主要4つの関節を軟らかくし、最小限の力で維持できるようにする必要があります。

気合いに頼らず、人のカラダの構造に基づいて、最小限の手間と時間で肩こりを解消させるレッスンです。



レッスンは以下の流れで進めます。
①現状の姿勢と柔軟性を動画や写真を撮ってチェックする
②正解の姿勢を知識として覚える
③正解に足りない可動域をストレッチで、姿勢の維持方法を技術練習で習得する
④効果を確認する

レッスン後は、
姿勢のポイントを意識しながら生活しつつ、
正しい姿勢の技術練習とストレッチをご自宅で実施して改善していく流れです。

肩こりを最小限にするための「キモ」と「ストレッチ」を、良い例、悪い例を示し、皆様に納得してもらいながら習得していただきます。

続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格

¥3,500

受けたい
16人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

凝りと痛みを『姿勢・柔軟性・動作』を変えて解消!

あなたの凝りと痛みを解消させるため、
カラダの『姿勢・柔軟性・動作』から
根本的に変えてみませんか?

○この道20年!月間100を超える企業研修・ワークショップ・パーソナルトレーニングを実施。
○クライアントは化粧品会社、美容院、不動産会社、研修講師、コンサルタント等。
○パーソナルトレーナーとして月間130セッションを達成。
○東海大学スポーツ医科学研究所(トレーニングリーダー)、明海大学トレーナーを経て2006年パーソナルトレーナーとして独立。現在は「パーソナルトレーニング」「セミナー(ワークショップ)」「企業研修」を行う。
○活動理念は「自己実現するための身体づくり=「自分の思いどおりに動く身体づくり」の提供。自身の行動指針は「誠実であれ!」「本質をつかめ!」「向上せよ!」「考え抜け!」

detail

講座詳細

  • 当日の流れとタイムスケジュール

    【第1ステップ:肩こりの解消の流れを知る】

    ●なぜ肩こりが起こるのか理解します。
    ●肩こりになったら最初にすべきことを理解します。


    【第2ステップ:現状と理想の姿勢を知る:】

    あなたの姿勢を写真に撮り、現状を把握します。
    次に、理想の姿勢をお伝えし、把握します。
    そして、理想と現状の差を把握します。

    正しい姿勢は基本です。
    現状と理想の姿勢を明らかにします。


    【第3ステップ:問題点を知る】

    何が問題で肩こりになっているのか「動作テスト」という手法を使い確認します。

    柔軟性が問題なのか、
    身体の使い方が問題なのか
    (肩を下げたまま腕を上げることが出来ないなど)

    あなたの問題点を明らかにします。


    【第4ステップ:チェック結果を理解~問題の場所に正しいエクササイズ!】

    チェック結果から改善するために何が必要なのか把握します。
    そして、あなたの問題の原因となっている場所をピンポイントで正しくエクササイズします。

    硬い人はストレッチを、正しい動作が出来ない方は正しい動き方を覚える運動を、
    あなたの症状に合わせてエクササイズを行うことで、
    より安全に確実に効果を実感いただけます。
  • こんな方を対象としています

    ◎マッサージ、整骨院に行っても、その時は良くても、また元どおりになってしまう
    ◎肩こりという不快な思いから解放されたい
    ◎1日の後半、週の後半ほど肩こりがひどくなる方
    ◎正しいケアの方法が分からない方
    ◎運動不足を感じている方
    ◎カラダの硬さを実感している方
    ◎「肩こり 解消 ストレッチ」等のワードで検索した方
    ◎デスクワーカー
    ◎治し方だけ教わって、あとは自分で治したいと思っている方
    ◎自分でストレッチやマッサージをしても良くならない
    ◎治るまでトレーニングが続かない
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    ●ある程度ピッチリとしたTシャツ等でご参加頂けると、
    原因の把握、及び実技の際にご自身の動きが把握しやすく、効果が出しやすいです。

more

この先生の他の講座

関連講座

この講座を見た人は、こんな講座も受けたい登録しています