お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

5回コース (プライベートレッスン)9マス話法・英語嫌い脱出大作戦

5回コース
オンライン

「英語は暗記」はもう古い! ゲーム感覚で「英語嫌い」を簡単に治す方法!

こんなことを学びます

本講座はプライベートレッスンです。
中学生・高校生から社会人まで、9マス話法の基礎を習得するには、このプライベートレッスンを受講してください。

この講座はe-Learningによる自習と、オンラインレッスンを組み合わせた「ハイブリッドな講座形式」を取っています。

本コースは29日間で修了します。

4週間、毎朝6時にメールが配信されます。そのメールには「今日の課題ドリル」へのリンクが記載されていますので、そこから9マス話法専用のe-Learningサーバーへ移動して、その日の課題ドリルを自習します。

1日約10分で終わる分量の自習ですので、お昼休み、就寝前等、ちょっとした空き時間で自習できます。毎朝配信のメールマガジンはいわば自習の「ペースメーカー」の役割を果たします。

そして週に1度、決まった曜日の決まった時間に、オンラインレッスンが行われます。オンラインレッスンは5週連続で行われます。

オンラインレッスンを「オ」、e-Learningによる自習を「自」とすると、29日コースの初日は「オ」で始まります。そして4週間後に5回目の「オ」が行われ、それで29日の本コースが修了します。

  オ自自自自自自オ自自自自自自オ自自自自自自オ自自自自自自オ

近年e-Learningを利用した「自習スタイルの学習」が目覚ましい普及を遂げてきましたが、自習だけですとともすると三日坊主で終わってしまいます。

またZOOMやSkypeを利用したオンラインレッスンも、英会話などを中心に普及していますが、オンラインレッスンだけで復習をしないと、次のレッスンまでにきれいに忘れてしまいがちです。

そこで、本コースではe-Learningによる自習とオンライン授業とを組み合わせ、両者の「いいとこ取り」により学習効率を上げる工夫をしています。

【1】30日で英語嫌いを治す『9マス話法』

本講座は学校英語の補修講座ではありません。英文法の解説講座でもありません。
5回のオンライン授業と、30日間毎日配信される自習ドリルとで、英語嫌いから脱出するための講座です。
脱出するために、これまでの英語学習法とは全く目の付け所が違う『9マス話法』を使います(特許取得済み)。
「数学や物理は好きなのに、英語だけは大嫌い!」
そんな人にぴったりの講座です。

【2】(実例紹介)脱出成功した中学生!偏差値もアップ!

まず「英語嫌い」から30日で脱出成功した実例をご覧ください。
受講生は中学3年生です。
この受講生は英語嫌いが治ると同時に、偏差値も20近くアップしました。

(4分25秒)
  https://youtu.be/tBNACs0QGtI

【3】9マス話法の三大効果

9マス話法がどんな方法かは、上のビデオで感じていただけたかと思います。
図とイラストで英文を作る「ゲーム感覚の学習法」です。
この9マス話法には「三つの画期的効果」があります。
 ❶ 英語嫌い克服
 ❷ 偏差値アップ
 ❸ 英語脳養成

【4】最強の合わせ技!「自習+オンライン授業」

本講座は「スマホによる自習」と「ZOOMによるオンライン授業」を組み合わせた、ハイブリッド形式を取っています。
自習と授業にはそれぞれメリットとデメリットがあります。
(自習)
好きな時間に学習できるが、モチベーションを保ちにくく、三日坊主で終わりやすい。
(オンライン授業)
モチベーションは維持し易いが、次の授業までに自分で復習しないと身に付かない。
本講座はこれらの「いいとこどり」を実現するため、「自習とオンライン授業」の合わせ技としました。

【5】毎朝6時に自習用ドリルをメール配信

9マス話法は毎日少しずつ取り組むことが大切です。
そのために30日間毎朝6時に、その日のドリルをメールで配信します。
一日分のドリルは約10分で終わる量です。
スマホ、パソコン、タブレットPCのどの端末でも学習可能です。

【7】週に1回45分のオンライン授業

本講座はMr.9マスと1対1の45分間個人授業です。
「ベースボールのベースって何だと思う?」みたいな英語談義がところどころに散りばめられていて、退屈しない45分です。
毎週決まった曜日の決められた時間にオンライン授業を行います。
オンライン授業を行うのは、次の日です。
「1日目・8日目・15日目・22日目・29日目」

【8】リズムとメロディで英語脳がグングン成長♬

自習用ドリルの各Lessonには、リズムとメロディーに乗せて英語をスピーキングするドリルが必ず付いています。
パーカッションのリズムに乗せて「Do文」を声に出すのが「9マスラップ♬」です。
ピコ太郎のPPAP風メロディに乗せて「主語動詞文」を声に出すのが「9マスチャンツ♬」です。 

「9マスラップ♬」(51秒)
  https://youtu.be/n_Io3jFnZSs

「9マスチャンツ♬」(1分10秒)
  https://youtu.be/qvg5K3-fg7c

【9】確実に英語嫌いを克服

・自習とオンライン授業のハイブリッド型
・暗記不要、ゲーム感覚のデジタル教材
・リズムやメロディの活用
これらの相乗効果で、30日後には確実に「英語嫌い」からの脱出に成功します。
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

オンライン

価格(税込)

¥60,000(¥12,000 × 5 回)

受けたい
2人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込)¥60,000

オンライン受講料に含まれるもの

1. 全5回のオンライン授業(1回55分 マンツーマン)。
2. 30日間その日の自習ドリルを毎朝届けるメール配信サービス。
3. Mr.9マス手作りで世界に唯一無二、特許取得のデジタル教材。
4. 外部e-learningサイトの1年間利用権。

この講座の先生

9マス話法で世界で活躍する魅力的な人材を育成

受験英語にサヨナラしてたった1ヶ月で「英語脳」を手に入れて、英会話を楽しんでみませんか?

1954年:茅ヶ崎市生まれ、東京大学基礎科学科(現在の統合自然科学科)卒業後、ソニー株式会社へ入社22年勤務。

ソニーでは主にリチウム電池の開発や日本で最初英会話サイト企画・運営に関わる。退職後、ウェブサービス企画運営をしながら、ソニー時代から温めていた英語学習法の開発を進め、瞬時に英語の語順で理解できるようになる『9マス話法(英文発想練習法で特許取得)』として公開。現在「9マス話法」を使って、英語嫌いを克服して得意になる人を続々と輩出中。

『9マス話法』の革新的な学習方法が認められ「英語の瞬発力をつける9マス英作文トレーニング」が日本(2018年9月)と韓国(2020年7月)で出版され、世界にも広がってきています。

『9マス話法』を使って、英語が『苦手・嫌い ⇒ 大好き・得意』になる人を増やすために、直接指導しています。

英語が得意になって世界で活躍できる人材を日々増やし続けています。

カリキュラム

  • 第1回 Lesson1、Lesson2 (メルマガ配信開始日)

    Lesson1: 15分
    Lesson2: 25分
    9マス話法解説: 10分
    合計: 50分


    1回目のオンラインレッスンは、4週間(28日間)のメルマガ配信が開始される日に行います。

    Lesson1(単数形主語の練習)は『【親子で参加OK】苦手な英語をたった1ヶ月で克服するスタート講座』で一度学習したことのある人も多いでしょう。

    そこでオンラインレッスンの第1回は、Lesson1の復習を簡単にやった後、Lesson2をトレーニングします。

    Lesson1では肯定文に限定したうえで、"I" "you" "he,she"などの単数形主語の練習をします。
    Lesson2では"we" "you" "they"などの複数形主語の練習をします。

    Lesson1では以下の動詞と目的語を使います。
    ・have a pen
     (ペンを持っている)
    ・have a dog
     (犬を飼っている)
    ・know the student
     (その学生を知っている)
    ・know the player
     (その選手を知っている)

    Lesson2では以下の動詞と目的語を使います。
    ・live 目的語はありません
    ・love the flowers
     (花が大好きだ)
    ・love one's parents
     (両親が大好きだ)

  • 第2回 Lesson3, Lesson4 (メルマガ配信7日目)

    Lesson3: 25分
    Lesson4: 25分
    合計: 50分

    Lesson3では単数主語と複数主語の両方を使った「肯定文」の練習を行います。

    Lesson4では初めて「否定文」と「疑問文」が登場します。
    その代わりに、主語を「一人称単数・複数」に固定します。
    9個のマス目が一気に開くとまだ脳がパニックになるからで、一人称に固定し、二人称と三人称を閉じたままにします。

    Lesson3では以下の動詞と目的語を使います。
    ・have a party
     (パーティーを開く)
    ・know the singer
     (その歌手を知っている)
    ・love Paris
     (パリを愛している)
    ・live 目的語はありません
     (住んでいる)

    Lesson4では以下の動詞と目的語を使います。
    ・get the tickets
     (チケットを入手する)
    ・get a hundred
     (100点を取る)
    ・take the key
     (鍵を持っていく)
    ・take one's son
     (息子を連れていく)

  • 第3回 Lesson5, Lesson6 (メルマガ配信14日目)

    Lesson5: 20分
    Lesson6: 20分
    解説: 5分
    合計: 45分

    Lesson5では肯定文、否定文、疑問文はすべて使いますが、主語を二人称に固定します。
    Lesson6では同じく肯定文、否定文、疑問文はすべて使い、主語を三人称に固定します。
    Lesson7ではいよいよ、9個のマスの窓がすべて開きます!閉じたままの窓はありません!
    「9個のマスを使いこなす」ということは、脳の内部に「英語脳が萌芽」している証拠です!
    萌えよ英語脳!!!

    Lesson5では以下の動詞と目的語を使います。
    ・make a chair
     (椅子を作る)
    ・make coffee
     (コーヒーをいれる)
    ・put one's bag
     (バッグを置く)
    ・put the map
     (地図を貼る)

    Lesson6では以下の動詞と目的語を使います。
    ・see the sun
     (太陽が見える)
    ・see the movie
     (映画を観る)
    ・hear a siren
     (サイレンが聞こえる)
    ・hear the melody
     (そのメロディーが聞こえる)

  • 第4回 Lesson7, Lesson8 (メルマガ配信21日目)

    Lesson7: 20分
    Lesson8: 20分
    解説: 5分
    合計: 45分

    Lesson7では以下の動詞と目的語を使います。
    ・go 目的語はありません
     (行く)
    ・come 目的語はありません
     (来る)
    ・catch a taxi
     (タクシーを捕まえる)
    ・catch bugs
     (昆虫を捕まえる)

    Lesson8では "when" "where" "how"などの疑問詞が登場します。
    Where do you live?(あなたはどこに住んでいるの?)
    のような疑問詞を使った疑問文のことを、"Open Question"といいます。
    Open Questionは、「どこに住んでるの?」「東京に住んでます」「どうして東京にしたの?」「いろんなレストランがあるから」「何料理が一番好きなの?」と会話が拡がっていきます。
    ですので、英会話ではOpen Questionは非常に大切です。
    Lesson8はその練習です。

    Lesson8では以下の動詞と目的語を使います。
    ・read the book
     (その本を読む)
    ・read the e-mail
     (そのe-メールを読む)
    ・write a letter
     (手紙を書く)
    ・write the report
     (そのレポートを書く)

  • 第5回 Lesson9, Lesson10 (メルマガ配信28日目)

    Lesson9: 20分
    Lesson10: 20分
    解説: 5分
    合計: 45分

    Lesson9では以下の動詞と目的語を使います。
    ・play soccer
     (サッカーをする)
    ・play the piano
     (ピアノを演奏する)
    ・study math
     (算数を勉強する)
    ・study English
     (英語を勉強する)
    ・teach math
     (算数を教える)
    ・teach English
     (英語を教える)

    Lesson10では以下の動詞と目的語を使います。
    ・eat sushi
     (お寿司を食べる)
    ・eat pizza
     (ピザを食べる)
    ・drink water
     (水を飲む)
    ・drink milk
     (ミルクを飲む)
    ・like apples
     (リンゴが好きです)
    ・like cats
     (猫が好きです)

  • こんな方を対象としています

    1.「英語が嫌い!」「英語は苦手!」という全ての方が対象です。
    2.「英語を1からやり直したい!」という方にはもぴったりの内容です。
    3. 9マス先生(林一紀)とマンツーマンの個人授業です。
    4. 英文法の知識は全く不要。
    5. 海外留学、海外赴任などの予定があり、短期間で英語が話せるようになりたい方。
※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

この先生の他の講座