お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

ネガティブ思考をポジティブに活かす「ストレスマネジメント入門」

オンライン

考え方のクセを見直せば、ストレスは減らせます。

こんなことを学びます

今日は雨。それを「嫌だなあ……」と考えるか、それとも……?

私たちの心には、日々起こる様々な「出来事」を、どう「考えるか」によって「感情」が生まれます。その「感情」は、実は自分でも気がつかない、自分の考え方の癖に大きく影響されます。ところが「〜しなければならない」「こうあるべきだ」「〜となったらおしまいだ!」と言った考え方が癖になっていると、それが過度なストレスとなり「罪悪感」や「自己嫌悪」「絶望」といった不健康なネガティブ感情を生み出し、やがて心の不調につながります。

しかし人間、急にポジティブ思考には変えられません。それができたら誰も苦労しないわけですし……。

そこでまずは、自分の考え方の癖を知るとともに、見直すことから始めてみませんか? 本講座では、REBT(論理療法)と呼ばれる心理療法の理論に基づいて、自分の考え方の癖を見直して、ネガティブ思考をポジティブに活かすことで、心を軽くする方法を学びます。様々なストレスを抱えている方にぜひご受講ください。

■講師からのメッセージ

研修に先立ち、自らの心を癒す言葉をご紹介します。

・小さなことが気になるのは「自分は神のように完全であるべきだ」と思いこんでいるからだ/ヴィクトール・フランクル
・考え方を変えよう。これまでとは異なる物差しで、いろんなことを見てみよう/ボブ・ディラン
・できない自分を責めている限り、永遠に幸せにはなれないだろう。今の自分を認める勇気を持つ者だけが、本当に強い人間になれるのだ/アルフレッド・アドラー
・楽しむこと、ワクワクすること、心を動かすこと、それが生きる意味。自分で自分を輝かせること、happyを自分で作ること、それが人生の宿題/越石正人

※本講座はオンライン講座( Zoom 使用)です。

■受講者アンケートより

自分の心の中で中庸なストレス状態で管理することが大事だと学ました。相手との言葉やり取りでも、~の方がよいかも、それでも価値が損なわれるわけではないしね、とか反応や思考を上手く変換していこうと思いました。

自分の感情や思考が思ったのと違ったり、上手く回らなかったりしても、自分の価値や肯定感を下げないで、すこしずつ繰り返して、反応や思考を安定させてパフォーマンスを最高に発揮できるストレス状態で生きていきたいと思いました。

■講座で学べること、身につくこと

・「中庸」の意義と効果を理解します
・自らを苦しめるネガティブ感情の背後にある、自分の考え方の癖を知ります
・自分の考え方の癖を修正することで、ネガティブ感情をポジティブに活用する方法を身につけます
続きを読む

4月23日(金)

18:00 - 19:30

オンライン

予約締切日時

4月19日(月) 13:00

参加人数

0/10人

開催場所

オンライン

価格(税込)

¥5,500

  • 4月23日(金)

    18:00 - 19:30

    オンライン

  • 現在は開催リクエストを
    受け付けていません
受けたい
2人が受けたい登録しています

オンライン受講日程

4月23日(金)18:00 - 19:30

¥5,500
参加人数0/10人

オンライン受講料に含まれるもの

消費税、教材費が含まれます

この講座の先生

越石 正人のプロフィール写真
マネジメント・論理的思考・心理学の専門家

越石 正人

一般社団法人 日本プレゼンテーション教育協会 正会員・認定インストラクター
工学博士
キャリアコンサルタント(国家資格)
産業カウンセラー
一般社団法人 産業カウンセラー協会 認定講師

東北大学卒業後、株式会社日立製作所に勤務し、原子力発電の研究開発業務に長く従事する。その中で、国家プロジェクトを含め、数多くの研究開発プロジェクトのマネジメント経験も持つ。50歳を過ぎてから、マネジメントのみならず自ら研究を行うべく工学博士の資格を取得し、論理的思考に磨きをかける。さらに、人としての感受性を磨くべく、産業カウンセラー、キャリアコンサルタントの資格を取得。マネジメント、論理的思考、心理学といった幅広い分野の経験と専門知識を持っている。

■最近の実績
茨城:福祉関係機関向けメンタルヘルス研修、タイムマネジメント研修
栃木:自治体向け発想力・思考法研修
福島:公共機関向け訪問カウンセリング
川崎:輸出入管理会社向けメンタルヘルス研修

この講座の主催団体

一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会

主催団体確認済み
  • 98人
  • 79回

日本プレゼンテーション教育協会

一般社団法人日本プレゼンテーション教育協会は「プレゼンテーション」と「コミュニケーション」教育に特化した専門教育機関です。

ーーーーーーーーーー
取材を受けました!
ーーーーーーーーーー
日本経済新聞 2018.3.16(金)夕刊
『中高年「伝え方」学ぶ』

〜記事概要〜
プレゼンテーションの技術や部下への指示など「伝え方」を学ぶ中高年が増えている。「若い人にうまく意図を伝えられない」「社内プレゼンの機会が増えて人前で話さなくてはならない」など悩みは様々。より高い年齢層でも表現力への関心が高まっているようだ。

主催団体に質問する 教室ページをみる
  • 当日の流れとタイムスケジュール

    1.心の健康とストレスの関係
    (1)ストレスの発生メカニズム
    (2)良いストレスと悪いストレス

    2.REBT(論理療法)を学ぶ
    (1)REBTの目指すものとは?人生を生き抜くこと
    (2)キーワードは『中庸』
    (3)『不健康な』ネガティブ感情を『健康な』感情に変えよう

    3.自分の思考パターンを見直そう
    (1)痛みを伴う思考を修正する
    (2)【演習】自らを癒すセルフケアシートの活用"
    • こんな方を対象としています

      ・テレワークが続いてモヤモヤが溜まり、気分が塞ぎがちな方
      ・会社の将来や自分の今後が心配で、不安な気持ちがぬぐえない方
      ・新型コロナに感染したらどうしたらいいか……と心配で、仕事が手につかない方
      ・不要不急の外出制限など、我慢することが多くてストレスが溜まる方
      ・テレワークで職場の関係者とのコミュニケーションがとりづらく、イライラする方
    ※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

    この主催団体の他の講座