2回コース 二日間で地図が身近になる!

地図を読むってどういうこと?! それが二日間でわかるようになります!

learn

こんなことを学びます

<こんなことを学びます>
1日目 座学
登山に必要な地図記号
等高線とは
磁北線とは
地図の縮尺とは

2日目 実地
登り始め〜現在地の確認
登っている間〜現在地の確認
目標物の認識
特徴のある物を地図上に見出す
展望の開けた所で〜
現在地の確認
次に来る地形の予測
山座同定の方法

<こんなことが出来るようになります〉
万が一道に迷っても技術と知識で窮地を抜け出せるようになります。
<こんな風に教えます>
座学1日+実地1日の組み合わせで行います。
多くの教本で書かれている、磁北線の引き方は正確ではありません。より正確な磁北線の引き方をお伝えします。

座学では、初めて地形図を手にする方に合わせて、一から地形図の使い方、見方をお伝えします。

翌日の実地では、地形図とコンパスを組み合わせて、様々なことを、歩きながら行います。

<持ち物>
コンパス(プレートタイプ)

デイパック
筆記具
飲み物
食べ物
雨具
帽子
日焼け止めクリーム
防寒着

<定員数>
基本 ○○名
(要望と開催スペースに応じて変わります)
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

新宿・代々木

価格

¥10,000

受けたい
11人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

山岳ガイド・クライミングインストラクター

高校で山岳部に入部し、山登りを始めました。その後大学からは冬山やロッククライミング、アイスクライミングにまで手を広げました。それから気づけば早や24年。北海道の山、東北の山、関東の山を巡ってきました。学校卒業後しばらくは会社員をしていましたが、山を飛び回る仕事がしたくて、30を過ぎてから山岳ガイド養成学校に入学しました。そして資格をとり、一年中山を駆け巡っています。

これから山登りを始めたい方、何を揃えてどこへ行けばいいのか分からない方、高尾山や筑波山は登ったけれど、その次に進んでみたい方などへのアドバイスをさせて頂きながら一緒に山を歩くイベントを開いて行く方針です。

私自身山を始めたころは失敗を沢山しました。大失敗から凡ミスまで様々です。しかしそこから多くの事を学ぶことができました。今でも入門したての頃を忘れないようにしています。そして入門者や初心者の方が抱く疑問や興味に共感できるよう心掛けています。

山道具は日進月歩で次々と便利な物が出ています。それらの情報収集を日課とし、皆さんに有益な情報をお届けできるよう心掛けています。 もっと見る >>

detail

講座詳細

カリキュラム

  • 第1回 地図とお友達になろう!

    13:45受付開始
    14:00開講
    15:30質疑応答
    16:00閉講

  • 第2回 地図と実際の地形を見比べてみよう!

    09:00 集合
    実地演習
    15:00
    解散

  • こんな方を対象としています

    登山にはまりそうだけど、地図のことはイマイチわからない方、道迷いに遭った方。道迷いに遭いたくない方。
  • 受講料の説明

    受講料には、傷害保険料、地形図代、レンタルスペース代が含まれます。

more

この先生の他の講座