スマートフォンアプリ開発を始める前にズバリ知っておきたいこと

参考書を読むだけではわからない。10万円を損しないための情報全部教えます。

learn

こんなことを学びます

<こんな事を教えます>
第1章:iPhone/iPadとAndroidどっちを始めるか
 ・現在のスマートフォン市場
 ・iPhone/iPadアプリのメリット/デメリット
 ・Androidアプリのメリット/デメリット
第2章:スマートフォンアプリを作ってどれくらい稼げるか
 ・受託の場合
 ・独自サービスの場合
  ・有料アプリ
  ・無料アプリ
 ・キャッシュポイント
 ・広告の種類
第3章:アプリビジネスに落とし穴「JT」
 ・iPhoneアプリ外注の罠
 ・受託側の罠
第4章:何を開発するか
 ・こんなにある、iOSアプリ/Androidアプリのカテゴリ
 ・狙うマーケットによって変わる開発内容
  ・日本国内にウケる内容/デザイン
  ・海外にウケる内容/デザイン
 ・開発する人(業者)にも得手不得手がある
 ・企画の方法
 ・開発者が考える「機能を増やそう」は要注意
 ・ソーシャル連携を考える
  ・Facebook/Twitterの集客
  ・ソーシャルでシェアされやすい内容
 ・企画の良し悪しを第三者に確認する
  ・あなたの発想はたいてい既に世の中にある
  ・顧客は平気で嘘を言う
第5章:スマートフォンアプリのデザイン
 ・スマートフォンとPCアプリの違い
 ・スマートフォンアプリのUI設計で注意すること
 ・UIはどのように選ぶべきか
 ・画面遷移はどれを選ぶべきか

<こんな事が出来るようになります>
スマートフォンアプリを開発するには、費用がかかります。
企画者は開発者のことを少しは知っていないと、コミュニケーションで問題が出てきます。
自分で開発できる開発者にしても、企画・設計段階で考えが漏れることが多く、作り直しということもよくあります。
こういった失敗は事前に知識があれば防げます。開発時間や開発費用を無駄にしないための知識が身につきます。

<こんな風に教えます>


<所要時間と当日の流れ>
14時〜18時の約4時間を予定しています。
最初は皆さんで自己紹介、その後、1時間30分x2回の講座を行う予定です。

<参加費用>
9,800円
続きを読む

日程・開催時間を選ぶ

開催リクエスト受付中

開催予定エリア

銀座・大手町

価格

¥9,800

受けたい
29人が受けたい登録しています

teacher

この講座の先生

iPhoneアプリクリエイター

iPhoneアプリクリエイターです。

AndroidアプリやPHP/JavaScript/Ruby on Rails/WordPressを使ったWebサイトも作れますが、iPhoneアプリクリエイターです。

簡単にバックグラウンド紹介。

【社会人時代】
東芝に入社し、携帯電話とスマートフォンのソフトウェア開発、
その後、事業統合のために富士通に移り、ここでも携帯電話とスマートフォンのソフトウェア開発に携わっていました。

【大学・大学院時代】
大学では、UI(ユーザーインターフェース)とAR(拡張現実)/MR(複合現実)についての研究をしていました。
ハンドジェスチャに限らず、身体位置を使った方法、特殊な入力デバイスなど、UIに関する論文はかなり読み込みました。

AR/MRについては、研究の一環で桜の枯れ木(実物)に桜(バーチャル)を咲かせるシステムを作りました。桜を咲かせるためのデバイスは霧吹き(実物)、霧吹きから出る霧(バーチャル)を枯れ木に吹きかけると、桜が咲くというシステムです。 + 続きを読む

detail

講座詳細

  • こんな方を対象としています

    ・スマートフォンアプリを開発したいけれど、何から始めたら良いかわからない方
    ・スマートフォンアプリ開発初心者の方
    ・スマートフォンアプリのダウンロード数に伸び悩んでいる方

relation

関連講座

watching

この講座を見た人は、こんな講座も見ています