お客さまがご利用のブラウザはサポートされていないため、正常に利用できない可能性があります。 お手数ですが、こちらをご確認いただき推奨環境のブラウザをインストールしてご利用ください。

4回コース 企画力トレーニング!アイデアマンになるための4つの山の乗り越え方!

4回コース
対面 オンライン

企画力は大人になってからでも鍛えることができます。ここは脳を鍛える道場!4つの山を越えたら肥沃なアイデアの大地が迎えてくれます。

こんなことを学びます

アイデアマン、といわれる人がいます。
必要があればポンポンと魅力的なアイデアを出してくる人です。


「あの人はすごいなぁ。どんな頭の構造をしているんだろうか?」


いいえ。頭の構造はアナタと一緒ですよ。
ただ、その人は少し使い方が上手いだけです。


あなたも頭の使い方を覚えれば
アイデアマンになることができます!


《企画力を発揮するまでの4つの山》


仕事や事業で企画をつくる必要があるのに
なかなか企画がつくれない、という方。
そんな方の前には4つの山が立ちはだかっている
と思います。


【ひとつめの山「引き出しの山」】


頭の中に「引き出しが少ない」とよく言いますね。


人間の脳はすぐれた記憶装置です。
見たり聞いたり経験したりという記憶が
すべてここに収納されています。


アイデア・発想の材料になるのも
すべてこの記憶です。


記憶こそ、ここでいう「引き出し」なのです。


常日頃から
さまざまな情報を受信するように心がけておくと
この「引き出し」が自然に増えていきます。


今はネット時代、
お金を使わずともさまざまな情報を受信できる術が
あります。


まずは「情報受信術」をマスターして
頭の「引き出し」を増やしましょう。
それで第1の山を乗り越えることができます。


【ふたつめの山「ひらめきの山」】


情報はたくさん知っている。
けれども、アイデアが出てこない。
そういう人もいます。


そんな人はアイデア、発想が出てくるための
脳の状態を知らないか、利用していないのです。


机と紙に向かって必死に集中しても
アイデアは浮かびません。
むしろ、ボーッとしている時のほうが
アイデアは浮かんでくるのです。


アイデアの浮かびやすい頭の状態を作る
その方法を覚えればあなたにもアイデアが
浮かんでくるはずです。


自分の脳の状態をコントロールして
発想しやすい状態を作ることを
覚えましょう。
それで第2の山を乗り越えることができます。


【みっつめの山「まとめの山」】


アイデアは企画に必須なものですが
企画そのものではありません。


アイデアはいわば企画の原石。
玉石混淆の中から磨けば光るアイデアを見つけて
それを企画にしていく行為が「まとめ」です。


せっかくいいアイデアを思いついても
それを企画としてまとめ切ることができなくては
何にもなりませんよね。


企画のまとめ方にはいくつかの公式があります。
それを覚えることで第3の山を乗り越えることが
できます。


【よっつめの山「伝えるの山」】


企画というものは人に伝えて
人を動かしてこそ企画なのです。


自分の頭の中にしまってある企画は
企画とはいえません。


企画としてまとめたあとは
人に伝えることが順序です。


そういうとすぐ「企画書ですね!」と
短絡して考える人がいます。


企画書も人に伝える手段のひとつですが
必ずしもそれだけではありません。


人に話して伝えるというのも手段。


話しただけで魅力の伝わる企画なら
企画書にしても実現する可能性は高いです。


人に伝える時は「なぜこの企画をするのか」
「この企画をするとどういう成果が得られるのか」
「この企画をすることにどんなメリットがあるのか」
など、ポイントを押さえた話が必要です。


どんなにいい企画でも伝え方を失敗すると
実現することはなくなります。


企画を人に伝えて人を動かし実現に導く。
その方法を学べばもう鬼に金棒。
第4の山を乗り越えられます。


《4つの山を乗り越えた先には・・・》


あなたはもう企画に対する苦手意識は
持っていないでしょう。


むしろ「新しい企画? どんとこい!」と
企画を楽しむ余裕も生まれてくるでしょう。


苦しんでできた企画はよい企画ではありません。
楽しく考えて楽しく作った企画がよい企画です。


4つの山の向こうには美しい企画の楽園が待っています。


《この講座の目的は》


新型コロナの感染拡大によって
2020年日本の社会には劇的な変化が起こりました。


わずか1~2年先の未来も予測できないそんな時代です。


昔から引き継いだ仕事を何も変えずに繰り返していく
そんな仕事のやり方はもう通用しません。


これからは企画職だけが企画力を持っていればよい
といえる時代ではないと思います。


営業マンでも、技術者でも、事務職でも
新しい時代を生きていくためにアイデアを出し、
今までのやり方を改善する提案を
常にしていかなくてはならない時代です。


そのために企画力を高める方法を学ぶことは
有効な武器を身につけることになります。


すべての人に身につけていただきたい
企画力という武器を育てるのがこの講座の目的です。


《講師の企画歴》


私の本職は映像クリエイターですが
その本質は技術者ではなく企画者です。


文系の大学を卒業して
テレビCMの制作会社に入社しました。
その会社の主な取引先は電通でした。


13年間その会社に勤務しましたが、
私の主な仕事は電通から持ち込まれる
さまざまな依頼に応じて企画をすることが
中心でした。


映像はもちろん、展示会、印刷物、イベント
販促キャンペーン、空間企画など
さまざま種類の企画に携わりました。


退社後はフリーランスの映像企画演出となり
企画のジャンルは映像中心になりましたが
相変わらず企画は私の仕事の中心でした。


企画者としての経歴は35年を越えます。


その長い企画者歴と
最近に至るまでの勉強の成果をお伝えしようと
思っています。


《企画を苦手だという人にこそ受けてほしい》


企画力は先天的にそなわった能力ではありません。


大人になってからも伸ばすことができる力です。


情報を受信して頭の引き出しを増やす「引き出しの山」
脳の状態を発想しやすい状態に整える「ひらめきの山」
アイデアを企画にまとめる方法を理解する「まとめの山」
企画を人に伝えるためのコツを身につける「伝えるの山」


この4つの山を乗り越えることさえできれば
あなたの頭脳はこれまでと違ったはたらき方をするはずです。


ぜひあなたの企画力を育てましょう!
続きを読む

開催日程がありません

開催予定エリア

豊中・吹田

価格(税込)

¥19,800(¥4,950 × 4 回)

受けたい
7人が受けたい登録しています

対面受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込)¥19,800
場所豊中・吹田

オンライン受講日程

開催日程はありません。開催リクエストを送ってみましょう。

価格(税込)¥19,800

オンライン受講料に含まれるもの

オンライン受講料

ブレインストーミングなどワークの参加料

講座中で使用したPowerPointなどの資料(PDF版)のダウンロード

講座中で成立した成果物のダウンロード

この講座の先生

動画活用アドバイザー 前川正人のプロフィール写真

動画活用アドバイザー 前川正人

本人確認済み
  • 627人
  • 262回
教室ページをみる 先生に質問する

映像制作経験39年、映像力と企画力の専門家

一般文系大卒後、
大手TV-CM制作会社に入社。
CMプランナーには向かず
早々に挫折。

VPなど長尺もの映像に転じ
企画・演出となる。

映像以外に販促、イベント、見本市
印刷物など数多くの企画を経験。

1995年退社
フリーランス映像クリエイターに。
専門分野は
企画・シナリオ・演出・編集。

退職金のほとんどは動画編集の
研究に消える。

《携わったクライアント》
富士通テン
日本ダンロップ
ジョンソン・エンド・ジョンソン
大阪ガス
ローランド
国土交通省近畿地方整備局
大阪大学
アストラゼネカ
フジオフードシステム…など

2018年
動画活用アドバイザーとして活動開始。

中小企業庁ミラサポ専門家派遣
登録専門家。

2020年春動画編集教室を開講するも
コロナ禍のため1期のみで中止。

そこで軸足をオンラインに移し
同年6月ストアカでオンライン講師活動を開始。

2020年10月プラチナバッジを獲得。
+ 続きを読む

カリキュラム

  • 第1回 「引き出しの山」を越える

    さまざまな情報の引き出しを
    自分の中に作るようにしてみよう!

    【ワーク】
    第1回のブレインストーミング。
    まずはブレストを体験していただきます。
    これは、自分の頭がいかに固いかを自覚していただくためです。

    ディスカッション。

    【講義】
    情報の受信方法について
    ネット上のさまざまなメディアから浅く広く情報を受信するやり方
    テーマ意識の持ち方

  • 第2回 「ひらめきの山」を越える

    ひらめき、発想が起こりやすい脳の状態を
    自分でも作ってみよう!

    【講義】
    アイデアを出すための発想法について
    発想しやすい脳の状態

    【ワーク】
    第2回のブレインストーミング。
    実際の仕事でも起こりそうなテーマでアイデア出しをしてみます。

    ディスカッション

  • 第3回 「まとめの山」を越える

    アイデアだけでは企画ではない。
    アイデアを企画に変えるやり方を体験しよう!

    【講義】
    アイデアを企画にしていくまとめの法則
    企画の実現性、人を動かす魅力の見つけ方

    【ワーク】
    第3回のブレインストーミング
    今回は「逆算」のブレストです。
    実現したい将来の結果から逆算して、何をどうすればその結果が引き起こせるかブレストでアイデアを出し合います。

    ディスカッション

  • 第4回 「伝えるの山」を越える

    自分の頭の中にあるだけ、では企画とはいえない。
    人に伝えて人を動かす方法を身につけよう!

    【ワーク】
    第4回のブレインストーミング
    「言葉」のブレストです。
    どんな言葉を使えばアイデアが伝わるか
    一緒に考えていきましょう。

    ディスカッション。

    【講義】
    企画は人に伝えてこそ企画になる。
    人を動かす伝え方。
    企画書・コンテンツの作り方。

  • こんな方を対象としています

    自分は生まれつきアイデアや発想が
    出てこないほうだ、と思っている人

    仕事の上でアイデアを出せと言われるが
    それが苦痛でしかたない人

    事業をする上で自由な発想が大切だ
    と思うが、自分ではできない人

    対話をする上で即座に魅力的なアイデアを
    披露して、他人を引き付けたい人

    動画などコンテンツづくりをしているが
    イマイチ普通の作品しかできない人

    他人が自由にアイデアを出してくるのをみて
    自分でもそんな風になりたい人

    単発講座「企画力トレーニング」を受けて
    面白いと思った方。
  • 受講する際は以下をお読み下さい

    最少催行人数2名。
    ブレストなどのワークを行う都合上
    2名以上の予約がなかった場合は
    開催を中止します。


    ディスカッションや
    ブレインストーミングなどの
    ワークを行います。

    マイクは必須になります。
    できるだけカメラで
    お顔を見せていただいたほうが
    やりやすいです。
※ストアカでは講座に適用される保険を用意しています。詳しくはストアカ補償制度をご覧ください。

この先生の他の講座

10
豊中・吹田 / オンライン
  • レビュー10件
52
豊中・吹田 / オンライン
  • レビュー44件
62

開催リクエスト受付中

豊中・吹田 / オンライン
  • レビュー35件
8

開催リクエスト受付中

豊中・吹田 / オンライン
  • レビュー4件