ご利用ガイド

ストアカの使い方

会員登録

まなびたい方

おしえたい方(個人)

おしえたい方(企業・団体)

スペース

ストアカ for biz の使い方(法人向け)

友達招待クーポンについて

先生マニュアル

集客できる講座の作り方

自分にあった教える場所を探すヒント

初めての「教える」を成功させる為に知っておくべきこと

よくある質問を見る

  • ご利用ガイド
  • 自分にあった教える場所を探すヒント
  • スペースのブランド・コミュニティについて

スペースのブランド・コミュニティについて

ここではスペースのブランド・コミュニティについてご説明致します。

場には必ずそこに集う人の類いを定義するブランドやコミュニティの「色」が存在します。その色とあなたの教える講座の間で、興味分野や価値観が揃っていると、そこのコミュニティの中からあなたの講座への参加者という自然な導線が出来るので、お互いwin-winの関係になります。
例えばIT系の勉強会はIT系の方が集まるコワーキングスペースで行った方が、貸し会議室で行うより断然人は集まり易いですし、コワーキングとしても会員さんを誘い易いイベントとして捉えて貰えます。

あたり前に聞こえますが、では教える内容が編み物レッスンであればどうでしょう。そこの場に集まる人と親和性は低いですし、そもそもあなたの生徒さんも電源やインターネットアクセスよりもリラックスしてお話できるプライベートな空間を好む筈です。なので、どこでやるか、運営者にあったり来ている人の雰囲気を視察したりして、良く考えましょう。
同じ「コワーキング」という名前が付いたスペースでもママさんに特化したコミュニティ作りに注力している場所などもあり、そういったところでは女性向けの教えるは親和性は高い筈です。

別の例として親子向けワークショップを考えてみましょう。子連れの参加者がまず気にするのは「子供向けの導線設計がされている場所か」という事ですよね。そうすると若者向けコワーキングよりもむしろファミリーレストランなどで行う方が心理的には来やすいかもしれません。