ストアカユーザー20万人が今注目する研修をご紹介

メルマガ登録はこちら

マーケティング研修|明日から使う、スキル専門の研修

マーケティングとは?

■マーケティングとは
マーケティングという用語は非常に広義の意味を含みます。ちなみに、マーケティング検定などを実施している日本マーケティング協会は、 以下のような定義を発表しています。

マーケティングとは、 企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、 公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。
市場創造のための総合的活動とは、「統合・調整されたリサーチ・製品・価格・プロモーション・流通、 および顧客・環境関係などに係わる諸活動」を指す。
(引用元:https://www.jma2-jp.org/jma/aboutjma/jmaorganization)

このことからも、マーケティングはリサーチ/分析領域、商品企画/開発領域、販促領域、 流通領域など様々な領域をまたいだ活動であることがわかります。

■オフィスクの手掛ける領域
広範囲なマーケティングの中でも、オフィスクの研修では主に商品企画領域・販促領域を扱っています。概念的な理解に重きを置いたプログラムから、具体的なツール運用に関するプログラムまで幅広く用意しています。

研修ラインナップ

開発者目線から購入者目線に変わる、瞬間視点移動マーケティング基礎研修

概要 対象 【費用】(参考)
販売側にある「やりたいこと」が購入者・消費者の「求められていること」と合致しなければビジネスとして成立しません。開発者・研究者目線ではなく使う側が求めていることを見極める「瞬間視点移動マーケティング」を学びます。基礎的な理論・手法・フレームワークをトレースしながら、コンビニ店頭商品などの具体的な成功事例を通して、顧客心理を理解したサービス展開を可能にする研修です。本では理解しきれていなかったマーケティングを、腹落ちさせる実践的な内容です。 ・マーケティング部署に異動したばかりの方
・知識はあるが効果につながらない方
・自社のサービスを購入者目線で見直したい方
・営業活動全体を見直したい方
半日or1日/40名
従来の視点との違いを認識させます。また実際の商品戦略、営業戦略に落とし込める状態を目指します。1日コースではサービス展開や市場調査に即日生かすための知識もカバー

確固たるファンと収益を生む!インスタグラム事業活用講座

概要 対象 【費用】(参考)
体験を伝えて、共有しよう!にコンセプト変更になったインスタグラム。現在日本では2000万ユーザーを抱えるサービスに成長し、濃いファン獲得と自社認知を高める、最強のSNSとなりました。ファンを動かすハッシュタグとは?コミュニティを作り、いいね!フォロワーはもちろん、確実な売上拡大を目指すには?をテーマに、インスタグラム研修を通じ、御社のWeb/デジタルマーケティングにおける課題解決のお手伝いをします。 ・ファン/フォロワー獲得をしたい
・ストーリーズ/動画の活用方法を知りたい
・反応が取れるハッシュタグを知りたい
・インスタグラムの流行を知りたい
・自社ブランディング底上げを狙いたい
半日or1日/定員30名
インスタグラムの基本理解から具体的な改善方法(ex.ファンが集まるハッシュタグキャンペーンの作り方)まで。成功事例とワークを交えて学び、貴社インスタグラムを改善します。

楽天市場とコンビニから学び、実装する販売戦略研修

概要 対象 【費用】(参考)
マーケティングの基礎から学べる本研修。BtoCマーケティングで現場経験豊富な講師が、実際の事例を用いながら販売戦略をレクチャーします。楽天市場とコンビニを題材にしながら、差別化できるポジショニング、商品、営業・コミュニケーション戦略まで御社ならではの最適な形を追求します。 ・マーケティングの基礎を学びたい方
・自社サービスを別目線で見直したい方
・法人営業、個人営業の方(差別化、ブランディングにも触れます)
1日(定員40名)
・マーケティングの基礎が体得できる
・自社にとって差別化できるポジショニングが理解できる
・商品/営業戦略にまで落とし込める

研修ラインナップの関連記事



研修の特色

①明日からすぐ仕事でつかえる学習内容

オフィスクが提供する研修は、現場のプロフェッショナルが長年の経験から生み出した独自の「生きた」ノウハウとスキル。仕事現場で即時応用できる内容だけが凝縮されています。
またストアカのデータベースを活用することで、ビジネスシーンで「今も求められている」ビジネスノウハウ・スキルのみを研修として提供しています。

<アンケートの声>

  • 商品・サービスの違った視点を学べた

    今まで自分の視点でしか物事を見ていなかったことを改めて実感出来ました。研修内容の例は身近な物事で例えていただいたので非常に分かりやすかったです。

  • マーケティングの根幹を理解できた

    世の中で言われている「マーケティング」という言葉を本質的なレベルで理解することが出来た。普段生活している中で、身の回りの商品・サービスを戦略レベルで考えることをしていきたい。

  • 市場のサービスが販売される背景を学ぶことができた

    市場に溢れている商品やサービスの背景には考えられたストーリーがあり、意味を持って形になっていることを知ることが出来た。

<アンケート結果>

大変満足・・・86%
満足・・・5%

やや不満・・・7%

不満・・・2%

②抜群の人気を誇る講師による講義

30万人が訪れる学びのプラットフォーム「ストアカ」。ここでの口コミ評価TOP1%を誇る講師のみを対象に、ビジネスシーンに合致するスキルを提供する講師を集めました。 教える内容、教え方はもちろんのこと、人としての人気が高い講師たちです。

<マーケティング研修を担当する講師>



<プログラム例>

楽天市場とコンビニから学び実装する、販売戦略研修
商品開発部門の顧客視点を強化するために投入された研修。マーケティングの基本的なフレームを学ぶことに加え、実際の商品から顧客の視点を具体的に考えていくことで、顧客視点への意識変化と、顧客視点を持つ技術を身に着けました。

内容 手法
1. マーケティングとは
 -マーケティングの定義/用語の理解
 -マーケティングの全体像把握
講義
2. 市場環境分析と市場機会の発見
 -3C分析、SWOT分析、顧客ニーズ(ペルソナ)を学ぶ
講義
3. セグメンテーション、ターゲティング、ポジショニング 講義・演習
4. マーケティングミックス
 -4P(Product,Price,Place,Promotion)について
講義
5.事例から学ぶ
 -コンビニ店頭映像から学ぶ
 -CMから学ぶ
演習
6. 顧客ニーズと4Pの関係性を理解する 講義
7.なぜモノを買うのか 演習
8. ニーズの3分類を理解する 講義
9. 練習問題(CMを作る) 演習
10. どうすればニーズに気づけるのか 講義・演習
11. まとめ・総括 講義

合わせて検討したい研修

研修導入までの流れ

  • STEP 1

    ニーズカウンセリング

  • STEP 2

    コンシェルジュからのご提案

  • STEP 3

    講師同行ヒアリング

  • STEP 4

    研修プログラムの調整

  • STEP 5

    研修プログラムの実施

お問い合わせいただいたのちは、研修の最新事情を熟知した研修コンシェルジュがお伺いします。

お問い合わせ

PAGE
TOP