おしえる人のためのライフスタイルマガジン

中原 一雄

〝写真〟も〝教える〟も大好きな理系男子がフォトグラファーを目指したら

中原さんpro

カメラの進化により、今や生活の一部となりつつある〝写真〟。それは記録として私たちの思い出を彩るだけではなく、これから見る世界をもっと輝かせるための新たな視点にもなります。今回は、そんな写真の楽しみ方を提供してくれるフォトグラファー、中原一雄さんにインタビューさせて頂きました!

IMG_1285_72

中原さんは、ストリートアカデミー初の”プラチナティーチャー”。人気・実績ともにNo.1、大活躍中の先生です。ストアカでは教えた人数や開催回数などから実績のある先生にバッジを授与しています。現在は、プラチナ・ゴールド・シルバーのバッジがあり、バッジを獲得した先生のプロフィール欄に表示がされています。

 

こんにちは!本日は宜しくお願い致します。まずは、現在のお仕事とご活動について教えて下さい。

フォトグラファーとして撮影のお仕事をしつつ、写真のワークショップを行っています。ワークショップは2012年9月頃から、一般の方に写真の楽しさを伝えるために始めました。写真教室、というよりも、ステップアップ講座のような初級~中級者向けのワークショップです。

形のないものを形にする写真

どういった経緯でフォトグラファーとしての道を歩まれたのでしょうか?

もともと写真とは、全く関係のない道を歩んでいました。僕は生まれも育ちも北海道で、大学では工学部を専攻したバリバリの理系(笑)。大学院まで進学し、化学メーカーで研究開発の仕事に就きました。けれど、研究開発の仕事を3年続けて、疑問を抱いたんです。ものづくりは好きですし、なにより日本の誇るべき産業ですが、じゃあ、この研究を自分がこのまま30年40年やっていけるか、と考えた時にこれからはそういう世界にはならないだろう、となんとなく思えて。形のあるものを作ってそれを売るビジネスではなく、形のない人の成長や喜び、幸せを形にするようなことがしたいと思いました。それから色々考えて、写真だったら自分でもできるんじゃないか、と思い立ちフォトグラファーとしての道を歩み出しました。

全く異なる分野からフォトグラファーへ転身されたんですね!では、そこからワークショップを始めたきっかけはなんだったのでしょうか?

僕はフォトグラファーになると決めた段階で、いわゆる既存の業界にぶら下がるような仕事はメインの仕事にしないと決めていました。今は機能の良いカメラがあり、一般の方でもきれいな写真を撮れるようになってきています。そういった現状により、写真業界は本当に一部のトッププロだけが生き残る、厳しい世界になりました。トッププロの写真と比べたら、僕の写真が負けるのはわかっていたんです。ですので、切り口を変えて自分は広告写真ではなく、一般の方に向けた写真のサービスをしようと考えました。僕が撮るのではなく、一般の人がもっと上手に写真を撮れるようにしてあげたら良いのではないだろうか、そう思ったんです。よく観光地で良いカメラを持っている人を見かけるのですが、それを完璧に使いこなせているところはほとんど見受けられません。